« 暖かさ | Main | 咲いた! »

芽吹く・柳

Yanagi1m

柳が芽吹きました。まだうっすらとした緑ですが、私はこの時期の色が好きです。


どの樹によらず、芽吹きの瞬間は鶯色のような淡い色合いで、春の暖かさを感じさせてくれるからです。


まだ新緑、と言う色ではありません。本当に木の芽が顔をのぞかせたときの色。

一昨年の暮れ頃、私は体調を大変に崩し、かつ、精神的にもやんでいたことがありました。ともすれば死を思い、今年の芽吹きはおろか、去年の春など想像もできませんでした。

いつしか、時が過ぎ、もう一度この芽吹きを見ることができたのですが。


ふと、あの頃を思い出し、あのとき、自分が取った行動はともかく、なぜ、ああ自分がなったのかはわかった気がしてきています。


自分の心、思ってきたことに対して全く違うことを使用としていた。仕事の方針としてそれは間違っていない、あるいは企業の方針として間違っていなかったのかもしれませんが、私はそれを許容できなかった。


もし、もう一度ああいう仕事をしなさいと言われたら、今はできません、とこたえられそうです。


人を人として見ない。そういう風に思える仕事の仕方はやはり私には無理だったようです。


Yanagi2m


|

« 暖かさ | Main | 咲いた! »

Comments

こんばんは。
大変な状況を乗り越えられ、今年の芽吹きを
三宅さんが迎えられているということに最大
の価値があり、また素敵なことだと思います。

私の好きなものの一つに、柳の枝一つ一つに
小さな芽吹きが出ている様子があるのですが、
その素晴らしさはなかなか写真に収められま
せん。

Posted by: 二郎 | March 03, 2010 at 10:24 PM

二郎さん

暖かいお言葉、ありがとうございます。

身に浸みます。

本当に、柳の芽吹きは美しい。二郎さんなら、必ず良い写真にされると思います。納得されるまでに、時間がかかるのかもしれませんが。

三宅

Posted by: 三宅信光 | March 05, 2010 at 09:23 PM

おはようございます。
大変な時期を乗り終えられたのですね。

人の心は、強いようで弱いものです。私も何度かくじけそうになり、それを補完するするため仕事のペースをおとしたり、意識的にずる休みをしたりしました....。なんとか無事に30年間すごしてきたのですが、人生には大なり小なり、谷があるものでしょう。「がんばる」という言葉は使うなとカウンセラーの方はいいますが、それでもそういう人がそばにいれば、そっと激励したいですね。春の雰囲気が気分を明るくして、転機となることもありますよね。

Posted by: kincyan | March 06, 2010 at 06:17 AM

kincyanさん、こんばんは。

そうですねえ。私は最初は仕事が楽しくて紛れていたみたいでした。まあ、最初のうちはシステムを作る仕事だったので、いろんな問題が勃発してそれを解決していくのがおもしろかったんですね。

時代が変わって、「単純作業で日本人を使うのは高い」とか、「サボっているやつが多い」とかそういう話ばかりが飛び買い始めてから、徐々にダメージを受けていたみたいです。

確かに企業の論理からすれば正しいことなのかもしれないのですが、私の気持ちの中では受け入れられなかったみたいですね。

kincyanさんのようにそっと激励してくれる人がもっといてくれたら、少しは変わったかもしれません。が、抱え込みすぎた、というのはたぶん私が悪かったのだと思ってます。

三宅

Posted by: 三宅信光 | March 06, 2010 at 10:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84031/47687785

Listed below are links to weblogs that reference 芽吹く・柳:

« 暖かさ | Main | 咲いた! »