« 梅が香 | Main | 芽吹く・柳 »

暖かさ

Mansaku1m


ここ、2,3日驚くほどに暖かいですね。


今日は雨なのに、それでもこの暖かさ。気持ちが悪いほどです。


もっとも明日は東北地方以北は寒くなるようなことを天気予報で言っていたようでした。

氷点下になる、なんて話もありましたが、今日の気温とでは差がありすぎて大変だろうなあ、と考えてしまいました。


さて、今日の話題もあんまりおもしろく無いかもしれません。ここから先はなんでしたら読み飛ばして下さい。

写真はここのところの暖かさで一気に咲き出したマンサクです。ほんの数日でここまで咲いてしまいました。

今日、久しぶりにあった友人と昼食を食べ、いろいろな話をして楽しんできました。その中で、彼がアメリカで会った日本人の原子力関連のロビィストのお話しがあって、その方から彼が聞いてきた温暖化の話がちょっと出ました。


彼があった方は「温暖化の影響なんて実はたいしたことはない。オバマ大統領も、鳩山首相も経済対策のための一つのキーワードとして使っているだけだ」とおっしゃって、その証拠となるようなデータを記載しているサイト(きちんとしたサイトだったそうです)をいくつか紹介してくれたとのことでした。


私も、IPCCのデータがすべて、と今は思っていません。今ももっとも権威のあるデータであろうとは思っていますが、反証はいろいろな人が出してもいますし、逆にもっと大きなインパクトがある、としている人も大勢いるようです。


個人的には過去に大きな気候変動があったとき、種が絶滅したりした、と言う説を聞いたり、期間的には不明瞭ですが、一時的な食糧難に陥るのではないか、と言うのが心配なところです。もちろん、国によっては水没したりするところも出る可能性がありますから、それどころではない、と言われる方もあると思いますが、冷淡な言い方ですが、マクロ的に見ると、食糧危機の方が恐ろしく見えます。


日本などは最悪、その影響をもろにかぶるのではないでしょうか。そして、それは比較的貧しく、また年齢の高い層を直撃するのではないでしょうか。それは非常に見たくない状況だと思っています。


もう一つ。オバマ政権はなぜ、温暖化対策に原子力を選択したのか?私にはここがわかりません。巨大な利権があるのではないか、とは思いますが、原子力の現在の技術では化石燃料とそれほど大差ない期間しか利用できない(高速増殖炉が現実的なレベルで実用化されれば別なのだと聞きますが)のと、万一の事故があったときのリスクの高さが許容できるレベルを超えていると思うのです。


実際、中国、インドは導入コストの低さから風力発電の導入に積極的なようです。これはその報道です。http://www.nikkei.co.jp/news/main/20100218ATGM1702Y18022010.html


確かに様々な要因があって利用するのが難しい面もありますが、化石燃料と組み合わせるだけでも、まだまだ改善する余地は特にアメリカの場合は大きいと思います。オバマさんも利権に偏るのか?そう思うと少し残念に思いますが、考え過ぎなのでしょう。


最後のはこれもここ数日いきなり花をつけだした、我が家の八重の白椿です。
Tsubaki1m


|

« 梅が香 | Main | 芽吹く・柳 »

Comments

こんばんは^^

『ほころぶ』でも書きましたが、マンサクが咲くと春って感じます。
こちらでも割と暖かくなり、娘が近所の川原で遊んでいたら"オオイヌノフグリ"が咲いてた、と。
この花も春!な感じです(*´ω`*)

Posted by: 実桜 | February 27, 2010 at 10:32 PM

実桜さん、こんばんは

いよいよ春が来ますね^^

こちらでは柳が芽を吹き、うららかな陽射しの下を大勢の人が散歩していました。

一方で梅が散り始めています。

季節が変わってきましたね。

三宅

Posted by: 三宅信光 | February 28, 2010 at 05:48 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84031/47670033

Listed below are links to weblogs that reference 暖かさ:

« 梅が香 | Main | 芽吹く・柳 »