« 一夜明けて | Main | 冬芽 »

久しぶりに

更新をしてみました。もう皆さん忘れていらっしゃると思うけれど、私としては人に見てもらえそうな一番の場所であるので、ここに書いてみます。

まだ早いのですが、一枚、桜の写真を載せてみます。いつか書いたかもしれませんが、家を改築した際、桜を植えたくて、どの品種を植えようか高尾の自然園(名前は忘れました。旧の高尾実験林です)まで見に行って決めたはずの桜でした。
Naosiranusakura1m

3年目に花をつけてくれたのですが、そこでびっくり。全然違った品種だったんですね。私には品種名はわかりません。が、たくさん花をつけ、花を咲かせている期間も長いのです。

最初に違うとわかったとき、植木屋さんが「苗木屋が間違えたんだな。抜いてしまいましょうか?」と言われたのですが、せっかく縁があって来てくれて、花まで咲かせてくれたものをかわいそうだからと言ってそのままにしました。今はけっこう大きな木になっています。


一応苗木屋に文句を言ってもらったらお詫びに本当に頼んだ品種の苗木もくれました。せっかくなので、こちらも植えてしまい、結局2本の桜があることになったのです。ちなみにこちらは「静香」と言う名前で良い香りも出してくれ、2本がほとんど同時に咲いてくれるので春はいつも楽しませてくれています。
Sakurasizuka1m


と、ここまでは今までのブログのお話しと変わらないのですが、もう一度書いてみようと思ったきっかけは全然違うのです。生臭い話ですし、特にこの話題で人と議論しようとは思っていないのですが、自分の中でふくらんでしまった考えを書いてみたくなってしまいました。ですので、この先は興味のある方だけお読み下さい。

書きたいこととは今の政治、ジャーナリズムについてです。元々政治に興味がないほうではなかったのですが、ここのところの政治家の振るまい、ジャーナリズムの政治に対する姿勢にいい加減腹が立ってしまいました。

現在与党である民主党の首相および幹事長の政治資金疑惑。確かに問題を追及するべき話かもしれません。が、今の日本はそんなお話をしていられるような状況なんでしょうか?野党に落ちられた自民党さんにとっては格好の追求のネタなのでしょうが、ご自分たちでも言ってらしたとおり、日本の経済は危機的な状況なんじゃないのでしょうか?JALの再建問題、八ッ場ダムの是非、地球温暖化対策への対応の遅れ。本質的にはすべて自民党の置き土産です。

まあ、そんなことを言っても仕方はないのかもしれませんが、政治資金の話は後にして、まずは本当に何をするべきなのか、今回の第二次補正予算、平成22年度予算が良いのか悪いのか、どう手を打っていくべきか、先にきちんと議論し、経済対策、温暖化対応などを決定してからゆっくりと追求すれば良いことなんじゃないのでしょうか?

今回検察のリークが有る無いという話などでも盛り上がっていますが、そんなことする暇があったら、ほんのわずか手をつけただけでもあれほどに問題点が出てきた事業仕訳をもっとこの瞬間も手の空いている人でこつこつして欲しいと個人的には思っています。

そもそもこの政治資金疑惑が出たのはちょうど去年の今くらい。自民党が与党で内閣支持率は低迷(20%は切っていたと思いましたが、記憶違いかもしれません)、このまま行けば麻生内閣が倒れて総選挙をすれば民主党が勝利しそうな感じがしていたときでした。鳩山さん、小沢さんの政治資金疑惑が自民党に都合の良いように次々と出て、なんかすごく作為的だな、と感じました。あのときもし麻生さんが解散総選挙に打って出たら今もまだ違う状況だったのかもしれませんね。それを今も狙っていらっしゃるのでしょうか?

テレビ、新聞に代表されるジャーナリストの対応も納得いきません。うわべだけ人の興味を引きそうな話ばかり報道し、主体性が全く感じられない。テレビ、新聞離れがアメリカでも日本でも深刻だと言うことですが、アメリカと日本では事情が違うかもしれないな、と思いました。日本はもともとあまりにも低レベルであったため、人が見なくなったのではないか、とまで思わされました。少なくとも今報道するべきことの軽重くらいは判断して伝えてもらいたい物です。

正直、低レベルな政治屋さんのお話しはもうけっこうです、と言うのが実感です。自民党、公明党にはもっと政治の本質的なところ(別に政治資金疑惑が良いとは決して言っていませんが)についての発言を求めたいと思います。谷垣さんが政治資金疑惑ばかりを追及しているようでは、少なくとも私は自民党の復活を願う気にはなれません。

駄文、読んでいただいた方には大変失礼いたしました。

最後に口直しになるかどうか、最近撮った水仙の花を載せてみます。園芸種だと思いますが、日本の水仙は何か清冽な感覚を覚える花ですね。
Suisen1m

では、失礼します。

|

« 一夜明けて | Main | 冬芽 »

Comments

こんにちは。ご無沙汰しております。
三宅さんのブログ、もう更新をされることがないのかなと思いつつ、時々拝見しておりました。が、更新されているのがわかり、嬉しくなってコメントさせていただきました。
三宅さんのお写真は、すごく優しさを感じるのです。

最近は、以前よりブログに手が回らなくなっているような状態で、他の方のところまでうかがうのが難しい状況ですが、また時折うかがいたいと思います。

Posted by: 二郎 | January 26, 2010 12:35 PM

二郎さん

ほんとにお久しぶりです。私も仕事ばかりで何もできないような日々が続いていました。

で、体をこわしかえって自分の時間が今は少しあるのです。

このようなブログ、忘れずにいていただいてありがとうございます。またこちらもよらせていただきます。

三宅

Posted by: 三宅 | January 26, 2010 02:24 PM

4年ぶりですね。
もう更新が無いのかとリンクから外しましたが、再度リンクを貼ることにします。よろしくお願い致します。

今の政治と報道の問題は、心ある人は皆考えている憤慨だと思います。我々は、面白い記事を求めているのでなく、きちんとした議論、日本をどのように運営していくのかという
テーマを地道に報道して欲しがっているのです。民衆は
(聴衆は)馬鹿ではないということを、報道の方々は理解
して欲しいです。blogを楽しみにしております。

Posted by: kincyan | January 31, 2010 07:31 PM

kinchanさん、お久しぶりです。

そう、4年にもなりましたか。仕事に追われあまり人間らしい思考もできない年月でした。鬱におそわれたのですが、今考えると自分が納得できないことをしてしまっていたことが一番良くなかったと思っています。

政治と報道については、全く同感です。私も普通の主婦の方が、「最近の政治の報道ってほんとおもしろくない。あんなこと言わないで、もっと聞きたいことあんのに見てても全然おもしろく無い」とおっしゃっているのを聞いてとても納得できたのです。

まだやっていますが、いい加減にして欲しいですね。

またお邪魔します。

三宅

Posted by: 三宅信光 | January 31, 2010 10:19 PM

三宅さん本当にお久しぶりです。時々どうしておられるのかと思い出していました。お元気そうでなによりです。
ところで僕も三宅さんと同じ事を考えていました。
ついこないだまでアホウ総理などと旧与党を貶していたばかりの人達が手の平を返したように…。
自分たちがマスコミや検察に踊らされている事、マスコミや検察さえも、ある勢力によってコントロールされている事に気づくべきです。
これからもよろしくお願い致します。

Posted by: shu | February 03, 2010 12:22 AM

shuさん

本当にお久しぶりです。訳あってほとんどブログを見ることもしなくなっていましたので、shuさんの綺麗な写真また見ることができてとてもうれしい思いをしました。

政治は、今日、また変な話になってきている見たいですね。なんか皆さんそう思っているのに、変な方向へ走っていかなければ良いな、と思っています。

Posted by: 三宅信光 | February 03, 2010 10:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 久しぶりに:

« 一夜明けて | Main | 冬芽 »