« ねじり飴 | Main | 一夜明けて »

冬厳しい時期に、ほっとさせられる色。二つの種類の赤い実を見つけました。鳥に食べられずにいられるのは、街中だからなのでしょうか。本当は食べてもらいたいのかもしれません。

akaimi01

赤い炭火の色のような鮮やかさ。色彩が乏しくなると、ぱっと目にはいるようになってきます。

akaimi02


参加しています。応援お願いいたします→


|

« ねじり飴 | Main | 一夜明けて »

Comments

本当に寒いこのごろです。
これらの赤い実は人間が食べても
おいしいものがあるのでしょうかね?
確かにいつも行く公園では、鳥?に
食べられていますね。

Posted by: kincyan | January 18, 2006 09:40 PM

kincyanさん、こんばんは。どうでしょう。人には食べられないのかもしれないですね。一度かじってみようかな(笑)鳥は良くついばんでいるように見えます。食べてもらうためにこんなに目立つ色をしているのかな、と。

三宅

Posted by: 三宅信光 | January 22, 2006 09:52 PM

お久しぶりです♪お元気でしたか~?こちらは雪と格闘してます(ーー;) 雪国だと割り切っていても、今年は多いです~(泣)
赤い実。大きい粒のは『オモト』、小さい方は『マンリョウ』ですかねー?

Posted by: 実桜 | January 27, 2006 09:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference :

« ねじり飴 | Main | 一夜明けて »