« 涼しげに | Main | 暑い日々に »

繊細さと豪快さ

giboshi4

豪放にして繊細。ある種のあこがれかもしれません。バランスの問題なのだろう、と、何事につけてもよく思う理屈でかわしていますが、そのバランスを得ている人を実感してみたい、そんな気持ちもあるものです。



擬宝珠の花。本体は豪快なまでに大きくなりました(笑)最後の写真が、全体像です。花一つ一つも決して小さくないのですし、花茎も10本くらい出ているので、普通であればかなり華やかなのだと思うのですが、あまりに本体が大きくて可愛らしく見えます。花もアップにしてみるとなかなか綺麗な良い花なので、切り花にでもすると見栄えがgiboshi5
するかな?と思うのです。


giboshi6
植えて3年目に入る今年でこの大きさ。末恐ろしくなってきました(^_^;

giboshi7

|

« 涼しげに | Main | 暑い日々に »

Comments

三宅さん、
花が沢山ついてすごいですね。葉もこんもりしていてとーっても素敵です。
我が家のも株分けしてもらって2年後の昨年また株分けして小さくしたのですが、すぐ横に広がってきてしまいました。綺麗なのだけど末恐ろしいという感覚、わかる気がします。

Posted by: ミントのみん | July 03, 2005 04:11 PM

こんばんわです^^
ギボシの花も綺麗ですが、葉っぱの斑入りが私は好きです♪
自然って、すごいですよねー。

ウチではいま、タチアオイが真っ盛りです。
色は少しピンク系の赤。(文で伝えるのが難しい・・・)
ヤブカンゾウのつぼみも大きくなってきました。

あ、ブログのテンプレ褒めてくださって嬉しかったです♪
ちなみに、ブログのロゴバナー。自作ですよん♪うふ。

Posted by: 実桜 | July 03, 2005 07:20 PM

豪快にさくギボシですか。居場所がよかったのかしら、羨ましい限り私のは繊細 種類にもよると思いますが葉がトテモ縦長です。半日陰なんです。

Posted by: kei koizumi | July 03, 2005 07:29 PM

大きく育っているというのは、花としての生命力が強いのか、はたまた三宅さんの庭の土がいいのかどっちでしょうね。どなたかがおっしゃっていたように、葉の模様も素敵ですね。

Posted by: kincyan | July 03, 2005 09:01 PM

ギボシの花はいつも全体で見ていて、こうして一つ一つの花をじっくりと見たのは初めてです!
可愛い花なんですね!!

どうも気持ちに余裕がないと、花をじっくり見る、ということを忘れてしまいそうです。
三宅さんが色々な思いを持って植物を見る目、ハッとさせられました。

Posted by: yocchi | July 03, 2005 10:08 PM

「繊細さと豪快さ」このタイトルを見てすぐ連想したのは坂本龍馬でした。
すみません花と関係ないコメントで。(^-^;

Posted by: shu | July 04, 2005 11:04 PM

ミントのみんさん
こんばんは。よほど土地との相性が良かったのでしょうか。不思議なほど元気です。ミントのみんさんのところもそうなのでしょうか。でも、ミントのみんさんのところはお手入れが良さそうだから、我が家とは比較になりそうもないですね(笑)
それにしてもこれ以上大きくなったら。株分けにはのこぎりが必要とまで言われてしまったので、ちょっとびびっています(^^;
三宅

Posted by: 三宅信光 | July 10, 2005 09:33 PM

実桜さん、こんばんは
確かに斑入りの葉っぱも綺麗なんです。全体的にすきなんですけれどね。問題は大きさだけ(^^;
タチアオイか。これも「夏だな」って思わせてくれる花ですね。大好きな花の1つです。ヤブカンゾウはこの頃見てないなあ。実桜さんのところはいつも色んな花が咲いていますね。
我が家は今はノコギリソウくらい。

ロゴバナー実桜さんの作だったんですか。良いバナーですね(^^)自分で作れるって羨ましいです。
またお邪魔します
三宅

Posted by: 三宅信光 | July 10, 2005 09:40 PM

kei koizumiさん、こんばんは。
縦長の葉っぱは繊細で綺麗でしょうね。家のは花は中々繊細な形をしているのですが、葉は結構大まかです(^^;
全体の大きさに対して花が何ともアンバランスになってしまってちょっと困っています(笑)
三宅

Posted by: 三宅信光 | July 10, 2005 09:45 PM

kincyanさん、こんばんは
そうですねえ。こやつの場合は両方かもしれません(笑)生命力も強そうですし、少し湿度が高すぎるはずの土地もあっていたんでしょう。
ただ、もう少し控えめになってくれると嬉しいんですが(笑)
三宅

Posted by: 三宅信光 | July 10, 2005 09:50 PM

yocchiさん、こんばんは

yocchiさんの観察眼の方が私は羨ましいです。いつも、花だけでなく、昆虫や動物などいろいろなものを良く見ていらっしゃるから。いつも楽しそうだな、と思っているんです。
また楽しみに伺います。
三宅

Posted by: 三宅信光 | July 10, 2005 09:53 PM

shuさん、こんばんは。
良いんですよ。なぜかって言うと実は自分でも最初に思い出したのは竜馬の事でしたから(笑)確か、西郷隆盛の批評でしたっけ?松のように太く、柳のように繊細な。
またお邪魔します。
三宅

Posted by: 三宅信光 | July 10, 2005 09:56 PM

三宅さん。
3年で随分立派なギボウシになりましたね。
梅雨空に、斑入りの葉っぱが爽やかな気持ちにしてくれますね♪

Posted by: ふうこ | July 10, 2005 10:52 PM

ふうこさん、こんにちは。
お久しぶりです。なかなか伺えなくて。
この擬宝珠はあまりに大きくなりすぎて、我が家の庭では収まらなくなってきています(苦笑)

ただ、ほんと伸びやかな姿を見てると、さわやかな気持ちにさせてくれるので、何とか一緒に暮らしてゆきたいなっと思うのです。
三宅

Posted by: 三宅信光 | July 18, 2005 06:14 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 繊細さと豪快さ:

» 梅雨に似合うオオバギボウシの花・・・ [ミントのみん]
早春に地面から地から強い芽を出してビックリさせ、あっという間に葉が茂って日陰スペースを覆い、また今年も2回りくらい大きくなったギボウシです。 [Read More]

Tracked on July 03, 2005 04:07 PM

« 涼しげに | Main | 暑い日々に »