« 梅雨の中で咲く花 | Main | 繊細さと豪快さ »

涼しげに

本当なら涼しげに見えると思う色なのですが、やはり季節を感じてしまうせいなのでしょうか。暑さのほうを感じてしまう。花の姿と季節の感覚が結びついてしまっている。そのせいなのかな。


natsutubaki2

ナツツバキ。椿のような花ですが、もちろん違う種類。沙羅と呼ばれることもあるようですけれど、これまた沙羅双樹の沙羅とは違うものだそうです。山の中で、たまにホット白い花を見かけることがありますが、里に下りるとまた違う趣ですね。夏だな、と思わせられる花の一つです。


もう一つはハンゲショウ。最初は青々とした葉っぱが出ているのですが、花をつける季節になると、上の方が白くお化粧をしています。なかなか化粧をしないので、心配していたのですが、気がついたら、白々と。でも、下の葉っぱはなかなか獰猛ささえ感じさせる、しっかりしたもので、他の植物を押しのけて誇っています。

hangesho1

yocchiさんのMovable Type日記からハンゲショウをTBいたします。

|

« 梅雨の中で咲く花 | Main | 繊細さと豪快さ »

Comments

TBありがとうございます!

たくさんのハンゲショウ、元気よく育ってるなぁー、とわかりますね!(笑)。

日本は、涼しく感じる工夫をたくさん持っていて、そんな中に植物もうまく取り込まれているんでしょうけれど、ここ近年の夏の猛暑では、文明の利器(←エアコン)に頼わざるをえなくなってますねー。

山はいかがですか?(涼しいですか?)
東京も、せめて夜、少し温度が下がってくれるといいんですけれどねー。

Posted by: yocchi | June 26, 2005 02:45 PM

三宅さん、こんにちは。夏の花がいきいきしていますね。
今日は暑くて、たまりませんでした(^^;)
こういう白の花と、夏ギンギンの色の花、どちらもいいのですが、やっぱり気持ちが落ち着くのは白。これって、歳かな・・。
そうめんとカレーのどっちがいい?って言われているのと似ているかも・・・。

Posted by: ミントのみん | June 26, 2005 05:01 PM

暑いですね~東京は暑いです。僕の故郷の
三重は暑いのですが、また違う暑さですね。
どちらも白が涼しげな色ですね。でも、やっぱ
り暑いです(笑)。

Posted by: Shige | June 26, 2005 08:45 PM

極度の暑さとでも表現したい 此処をどうして凌げばいいの・・・白い花いいですね。      ナツツバキ 山に行く楽しみがまた一つできました。何時もながら、花の名に人の心を読む面白みがあります

Posted by: kei koizumi | June 28, 2005 10:32 AM

三宅さん、お久しぶりです。
お元気ですか?

1枚目の白い花はツバキ科ナツツバキ属の「姫沙羅」ではないかと思います。

この花、本当に涼しげでいいですね。
不思議です・・・夏には夏らしい涼しげな花が咲いてくれますね。

Posted by: 小絵 | June 28, 2005 12:20 PM

おはようございます。
お久し振りです。

"ナツツバキ”というと「沙羅」の花だということをつい最近知ったのですが
この花はそれとは違うのでしょうか?

↑でkei koizumiさんが書いていらっしゃるように「姫沙羅」というものでしょうか。
先日テレビで見ていたら花びらの中の1枚に薄く紅がかかっているのが「沙羅」の花と解説していました。

その姿がすごく不思議な感じで
「祇園精舎の鐘の声・・・」という
平家物語のあの冒頭がいやおうなしに浮かんでくる沙羅の花でもあります。

こんな綺麗な花が一日で落ちてしまうとか・・
やはり諸行無常です。

Posted by: 如月 | June 29, 2005 07:35 AM

yocchiさん、こんばんは。
本当は自然の風で涼みたいのですが、この暑さでは体が参ってしまいます(^_^;今はけっこう田舎に仕事でいるのですけれど、やはり風が涼しい。東京は異常に暑いのだと再認識しました(笑)
三宅

Posted by: 三宅信光 | July 02, 2005 06:40 PM

ミントのみんさん、こんばんは
素麺とカレー、なんかわかる気がします(^^)色にたいする感覚にもいろんな要素が絡んできますね。疲れているときはやはりきつい色は避けたくなりますし。私なんかも普段からどっちかと言えばおとなしい色を好んでしまう方です。
三宅

Posted by: 三宅信光 | July 02, 2005 06:45 PM

Shigeさん、こんばんは。
いや、暑いです(^_^;ここのところShigeさんの故郷に近いところで仕事してるんですけれど、近代的なところの割にはエアコンが効いていなくて。一日中汗が(笑)
このまま夏に突入してもっと暑くなるのかと思うとf(^ー^;
三宅

Posted by: 三宅信光 | July 02, 2005 06:48 PM

kei koizumi さん、こんばんは。
本当に、極端な暑さです。でも、まだこの先があるんですよねえ(^◇^;)勘弁してください、と言いたくなります(笑)
せめて白いお花でも、と思いましたが(笑)
あと2ヶ月がちょっと怖いです。
三宅

Posted by: 三宅信光 | July 02, 2005 06:50 PM

小絵さん、こんばんは。
うーん、わからないのですが、植木屋はナツツバキと言っていますね(^_^;姫沙羅とナツツバキ(沙羅)はよく似ているようです。姫沙羅のほうが大きくなると図鑑には出ていますが。どうなんでしょう。hanaboroさんに聞いてみたくなりました(^_^;
三宅

Posted by: 三宅信光 | July 02, 2005 06:51 PM

如月さん、こんばんは
ナツツバキと本来の沙羅双樹の沙羅は違うそうです。日本で別名として、沙羅、姫沙羅と呼ばれる木があって、この二つは近縁種。沙羅双樹の沙羅はまた違うものだと思います。
これは、ナツツバキ、あるいは姫沙羅のどちらかだと思うんですが。そのどちらかは、ちょっとわからないですね(笑)植木屋さんなんかもけっこういい加減で、全然違う木を持ってくることもありますから(笑)
三宅

Posted by: 三宅信光 | July 02, 2005 06:54 PM

三宅さん、こんにちは。

家の夏椿もこの雨で大分散ってしまいました。
これは流石にすぐ掃除しないと無残な事になってしまいます。
TBさせていただきました。

Posted by: フラウ | July 04, 2005 10:37 AM

フラウさん、こんばんは
そうですねえ。沢山咲いてくれるだけに、散った後も大変。綺麗なんですが。
TBありがとうございました。
またお邪魔します。
三宅

Posted by: 三宅信光 | July 10, 2005 09:58 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 涼しげに:

» 沙羅の木(夏椿) [★酒洒落落★]
「沙羅の木」の花が咲き出した。 ナツツバキ(夏椿)ツバキ科 別名:シャラノキ(沙羅の木) お釈迦 さまが 亡くなった時に近くに生えていた ことで有名な 「沙羅双樹」 と間違えてついた名前らしいが、 「沙羅双樹」 ...... [Read More]

Tracked on July 04, 2005 10:38 AM

« 梅雨の中で咲く花 | Main | 繊細さと豪快さ »