« 甘い色 | Main | 何気ない路傍から »

雨上がりの散歩

uteki1
突然の雨が上がり、まだ濡れている道をたどると、雨滴に洗われて、鮮やかさをました緑に、花にあうことが出来ました。露を含んで重たげに、あるいは、ぬぐわれたようにさわやかに、いつもと違う顔をしてくれます。
参加しています。応援お願いいたします→

uteki2

日曜日、雨がやんだと思って散歩をしに外に出たら、また降ってきて。荒螺、と思う間にまたやんで。家に帰り着いたらまた降って。なんとも忙しい日でした。散歩をしながら、雨に濡れた花たちを見るのは楽しかったのですが、少し濡れてしまって風邪気味です。uteki3


「フォト日和」http://ryoya.blog1.fc2.com/りおさんが立ち上げた「水滴people」http://member.blogpeople.net/TB_People/tbp_2676.htmlにトラックバックします。


よろしかったら、クリックしてみてください。人気blogランキング


|

« 甘い色 | Main | 何気ない路傍から »

Comments

三宅さん、こんばんは。
1枚目は紫陽花ですか?もう咲いてます?
雨の似合わない植物はないと思いますが、紫陽花は特別に雨が似合いますよね。

風邪、お早く治してくださいませ。^^

Posted by: kuu | May 17, 2005 11:56 PM

雨に濡れた花びらや葉は本当に瑞々しくていいですね。
今この写真を見ながら「水の惑星」地球のうるわしさを
あらためてふと感じました。ありがたい。

Posted by: shu | May 18, 2005 12:13 AM

雨に濡れた花びらや葉は本当に瑞々しくていいですね。
今この写真を見ながら「水の惑星」地球のうるわしさを
あらためてふと感じました。ありがたい。

Posted by: shu | May 18, 2005 12:13 AM

三宅様、風邪 大丈夫でしょうか?
お大事にしてくださいね。最近、寒かった
ですものね?
雨に濡れた花びらって綺麗ですよね。
葉っぱなんかも滴がコロコロしてて。(笑)

Posted by: isaotti | May 18, 2005 11:38 AM

きょうは、札幌も雨です・・・・
私も水滴を撮りに出かようかなぁ (^・^)
雨の日には、雨の楽しみを見つけに・・・

そちらではもう紫陽花が咲いているのですか?

ご自愛くださいね、

Posted by: 常葉 | May 18, 2005 01:52 PM

風邪の具合、いかがですか?
結構流行っているようなので悪くならないようお大事になさってください!

もう少しすると雨の季節が来ますねー。

Posted by: yocchi | May 18, 2005 04:45 PM

kuuさん、こんばんは。
一枚目は紫陽花ではないと思います(^_^;なんだったのか(;^_^A アセアセ…
もう少しすると、咲き始めますね、紫陽花。だいぶつぼみが膨らんできました。

まだ風邪には悩まされています。kuuさんも気をつけてください。
三宅

Posted by: 三宅信光 | May 18, 2005 10:12 PM

shuさん、こんばんは。
生き物は皆、水の恩恵を受けて育っているんですよね。この時期、木々や花々の成長を見る度に実感する気がします。
三宅

Posted by: 三宅信光 | May 18, 2005 10:28 PM

isaottiさん、こんばんは。
まだちょっと微熱がある様子です(苦笑)
温度の変化について行けなかったのかも(^_^;

雨はいろんなものを綺麗に見せてくれますね。水玉は楽しいです。
三宅

Posted by: 三宅信光 | May 18, 2005 11:51 PM

常葉さん、こんばんは。
札幌も雨でしたか。こちらは今日も夕方くらいから時々驟雨がきているようです。

紫陽花、ではたぶんなかったような(^_^;庭の紫陽花はまだ咲く準備をしているようです。
三宅

Posted by: 三宅信光 | May 18, 2005 11:53 PM

yocchiさん、こんばんは。
なにか、一足早い、梅雨の走りのような日ですね、今日は。

まだちょっと、なので、そうそうに退散して、寝るようにします(^_^;
三宅

Posted by: 三宅信光 | May 18, 2005 11:56 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 雨上がりの散歩:

« 甘い色 | Main | 何気ない路傍から »