« 彩り | Main | 見慣れた顔 »

青と赤の間

miyakowasure2
晴れた日のまぶしい光の下よりも、曇った日の少し青白い光の下に、この花の美しさは映える。この花に思いを託したいにしえの人は、なにを花の色に見ていたのだろうか。赤の持つ激しさではなく、青の持つ静けさでなく。



薄い紫の都忘れ。淡く光るように咲き始めました。数日前に咲き始め、今日あたりはもう満開でしょうか。
miyakowasure1


都忘れの色はさまざまだそうですね。また、順徳帝が見た、都忘れはこの色ではなく、厳守にあたる、白いミヤマヨメナであったと書いてある本もありますが、いずれにせよどのような気持ちを花に託そうとしたのでしょう。


miyakowasure3

歴史の真実はわからない。でも、伝わった言葉への思いを手繰るのは心を潤す行いであるように思えます。


よろしかったら、クリックしてみてください。人気blogランキング

|

« 彩り | Main | 見慣れた顔 »

Comments

むらさき。
人工のものの『紫』って、なんか毒々しいというかキツイのが多いですが、自然のものの『紫』は、なんともいえない優雅さがありますよね。
紫陽花・鉄線・桔梗・竜胆・etc。
夜明けの空の色。夕暮れ過ぎの空の色。
濃くても薄くても、綺麗なむらさき。

Posted by: 実桜 | May 01, 2005 01:43 AM

幻想的な紫ですね。濃い紫はヨーロッパでは高貴な色とされてますが、
日本人には、この写真のようなやさしい紫が好まれるのでしょうね。

Posted by: kincyan | May 01, 2005 09:07 AM

実桜さん、こんばんは。

なぜか人工的な色ではあまりきれいなものがないのかもしれない。だから、と言うわけではないのですが、服などでは村式を選ぶことはないですね(笑)

でも、ミヤコワスレの紫はなんとも優しさのある紫です。
三宅

Posted by: 三宅信光 | May 01, 2005 06:12 PM

kincyanさん、こんばんは。
そうでしたか。ヨーロッパでも高貴な色でしたか。日本でも確か高貴な色であったと思います。貝紫を作り出すのは大変なことだったのだとか。
三宅

Posted by: 三宅信光 | May 01, 2005 06:13 PM

園芸品種の花色で紫にあたるものはバイオレット、パープル、ライラック、ラベンダーなんですが日本の花でいうところの紫は「ブルー」で
表されています。赤みを帯びた紫はどうなるのかなと思います。それにこのミヤコワスレのような淡いはかない花も「ブルー」と呼んでいいものか花の色を表すのも難しいですね。

Posted by: るーぱー | May 01, 2005 08:53 PM

るーぱー さん、こんばんは。
なるほど、紫にあたる言葉は多いのですね。
日本語も色を顕す単語の数は世界有数だと
聞いたことがあります。きっと、この都忘れの
色も表す言葉があるのだと思うのですが。
花の色、言葉の持つ意味、難しいものですね。
三宅

Posted by: 三宅信光 | May 01, 2005 11:43 PM

三宅さん、今晩は。

都忘れっていいですね。大好きです。

家は確かもう少し濃いのと2種植えたと思ったのですが、
何故か、三宅さんの所と同じような色だけになってしまいました。
薄い色のほうが優性なんでしょうか?

私はもう少し濃い方のが好きなんですが。。

Posted by: フラウ | May 03, 2005 10:36 PM

フラウさん、こんばんは。
うちの母も濃い色の都忘れが欲しい、とずっといっています。
どうも薄い色が優性みたいですね。この色がどこに行っても多いみたいです。
手に入れてみたいのですが。
三宅

Posted by: 三宅信光 | May 04, 2005 08:01 PM

我が家には濃い紫の花と薄い色の花があります。
たしかに薄い色の方が勢力が強いようで別の鉢に植えています。
TBさせていただきました。

Posted by: WAKA | May 04, 2005 11:07 PM

WAKAさん、こんにちは。
実は今日、知人が濃い色のの都忘れと白い花の都忘れを持ってきてくれました。どちらもちょっと小振りで、今まであった都忘れとは少し話して植えてみましたが。ついてくれるかな?
TBありがとうございました。WAKAさんのところの都忘れ、さすがにきれいに咲いていますね。
三宅

Posted by: 三宅信光 | May 05, 2005 03:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 青と赤の間:

» 都忘れ [はなだより]
順徳院が佐渡に島流しになった時,この花を見て「都を忘れてしまうほど美しい」と言ったことから名前がついたという説もある花です。 しかしこの記事を書くために資料にあたれば本州の箱根以南に自生する花とでています。 順徳院の時代に佐渡に園芸種が渡っていたのかしらと疑問に思ったりして・・・ それはさておき,素朴ながらもきりっとした花はとても綺麗でたしかに島流しの辛さも忘れてしまいそうです。 ミヤコワスレは花色も微妙に違う花が多く,眺めるだけでも楽しいです。 Gymnaster s... [Read More]

Tracked on May 04, 2005 11:04 PM

« 彩り | Main | 見慣れた顔 »