« 咲いた | Main | 腕の違いか(笑) »

馬が酔う?

まあ、こう書けば、わかる人にはわかってしまいますね。馬酔木、アセビ、アシビとも呼ぶそうです。食べると馬が酔ったようになってしまい、足がもつれる。そこから来た名前だそうですが、どう変わってアセビになったのかは、今ひとつ納得がいっていません(笑)漢字の方はとってもわかりやすいのですが。
asebi1

アセボトキシンといわれる毒物を中心に、何種類かの毒物をもっているそうですが、庭木に植えられているくらいです。そんなに強い毒を持っているわけではなさそうです。昔は馬酔木の葉を煮出して殺虫剤に使った、と言う話も聞きましたから、この葉っぱを煮て食べたりはしない方がいいのでしょうけれど。

山に登ると、見かける樹ですが、ごつごつした岩の間にがんばって生えている樹、条件の悪いところでいっつもがんばっている樹という印象を持っています。控えめに、小さな花をそっとつけている姿は、いつもがんばっているこの樹らしい。そう、思えました。

|

« 咲いた | Main | 腕の違いか(笑) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84031/3221879

Listed below are links to weblogs that reference 馬が酔う?:

» 馬酔木の花(あせびのはな) [季語と暮らす生活!★★歳時記で知る日本の四季★★     〜...]
馬酔木の花(あせびのはな)【あせぼの花 あしびの花 花馬酔木】《季 春》あせび【〈馬酔木〉】ツツジ科の常緑の大形低木。関東以西の山野に自生し、庭木ともする。早春... [Read More]

Tracked on March 09, 2005 at 04:34 AM

« 咲いた | Main | 腕の違いか(笑) »