« ホワイトクリスマス | Main | 咲いた »

棘と和らぎ

かわいらしい花です。柊の花。この時期に咲くのですね。知らなかったのです。今日見かけて知りました。

柊とは葉のトゲに触るとびりびり痛む、と言う意味の”柊ぐ”、と言う言葉からついているそうです。ただ。柊南天と柊の区別がついていない自分に気づき、この写真がどちらのものか、自信をなくしています(苦笑)hiiragi1

節分に鰯の頭をさして戸口に飾る、そんな風習がありましたね。私の家でも昔やった覚えがあります。鰯の頭も信心からなんて言葉の元だったと思いますが。このごろではみなさんやらないのでしょうか。我が家ではいつの間にやら、忘れ去られてしまったよう。もっとも、どんな意味があったのかは、全然知りません。

淡い緑の小さな花をじっと見ていると、気持ちがゆっくりと静かになってゆきます。とげとげしい世の中ですが、こんな和らぎもあって欲しいものだと思います。

|

« ホワイトクリスマス | Main | 咲いた »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 棘と和らぎ:

« ホワイトクリスマス | Main | 咲いた »